ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おうちゆーたりですが進んでまーす(*´▽`*)

さてここで問題勃発w
二階キッチンのガス台の隣には窓があります。

madosen.jpg

ただの窓ではなくて2個の窓の間にニッチ~。

madosen1.jpg
↑こんな感じなイメージ^^

雑誌でこれを見つけて一目ぼれ
こんなふにしてくださーいと営業さんにお願いしてました。

足元の窓ははめごろしのFIX窓(あかないやつ)にしますか?と提案されたものの風通しが欲しかったので開くやつにしてくださいと注文。数㎝横に開くタイプにしとけば落下とかもなく大丈夫だろうと踏んでおりました。


で!先日行ったとき窓がずいぶんでかかったこと発覚(@_@)
またまたサイズ確認されないままだったのですよねぇ。

1DSC_0508.jpg


奥がその窓。窓の取っ手も横ではなく下についており、窓が大きいせいで床ぎりっぎりな場所に設置されとりました。
ま、確認してなかった自分も悪いしまいっかと放置してました。


その後たろさんからお話しがありました。


「あの足元の窓をなくせないか?」


どうやらたろままさんが二階覗いた際、窓は大きいし開くからこれは危ない!と思いそれから一週間近くたろさんに愚痴ってたそうw(←ここで止めててくれたたろさん優しい
最初無視してたけどあまりにもしつこいから自分も確認に行ってみたら窓が10㎝は開くのでこれは確かに危険だ!とのこと。

だから窓をあかない窓にするか、それか壁にしてほしい、と。

えーーー(ノД`)状態でふ。
そんな危険てことは考えたうえでお願いしたのですよー。風通しほしいからあえて窓にしてもらったのにー。。。
まあしゃあない。そんなにめっさこだわってる部分ぢゃないから諦めますか…。

と話したらたろさんどうやらおもしゃくない様子。

まずは自分で現場を見ろ!と。

たろさん的には実際に見れば危ないのが分かって「言われたから嫌々直す」ではなく「自主的に直す」だろう。との思惑だったのでしょー。嫌々直すだとkeitaがぶつぶつ言いますからねw

しかしそんなの大間違い!
keita的には危ないリスク知ったうえで頼んでるんだし、実際職場でそうゆう窓あるけど危なくないし!
そんで実際見てみてやっぱ危なくないて分かったら直すの絶対後悔する!
だったら2人が危ない言ってるから自分が思ってる以上に危ないんだなー、仕方ないから直すかー。のがいいのです。
それにハシゴで二階にあがるのめっさ怖いしw(←重要w)
そしてそしてこの時期ちょうど仕事がめっさ忙しいので時間とれないしー。

そんなこともありkeitaとしては
「危ないてゆうなら窓はなくしていい、でも現場はいきたくない」

たろさんとしては
「(窓はなくすの当たり前だけど)窓なくすなくさないが問題でないんだよ。とにかく現場へ行け!」

はーい。
まったく意見かみあいません(つд`)

そのあと一時間以上話し合いとゆう名の喧嘩勃発w

その間も「窓はなくしていいから現場行きたくない!」「いいから現場に行って見ろ。なんでそんなに行きたがらないんだ!」「だから見たら後悔しそうで嫌なんだってば!」「そんなの見なきゃ分からないだろ!」「だから危ないって自分で思えればいいけど危なくないって思ったときが後悔しそうで嫌なんだってば!だから窓はいらないでいいから現場行きたくない!」「いいから…」の繰り返しw

これ以上は話し合っても無駄だからもう辞めましょう。とkeitaくん。
話し合って歩み寄れればいいけどお互い歩みよる気ないですもん。
(keita的には窓をなくしていいで歩みよっているつもりでしたけどw)

「勝手にしろ!なんで現場に行って見るってことだけができないんだ!
 もう嫁姑の橋渡しはしないからな!自分達で勝手にやれ!!」とはたろさん。

とりあえずはこれで第一幕は幕を閉じました~。
わざわざ第一幕て言ってるてことはもちろん…

ツヅクw

スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:結婚・家庭生活



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 cu:neL, All rights reserved.

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。